セロー250にGIVI箱を付けてみる その2 E43NTL-ADV

2017年12月23日
0
0
バッグ類
セロー用にGIVIのモノロックケースを購入
E43NTL-ADVです
GIVI E43NTL-ADV


GIVI箱はE300のを1つ持ってますが、ちらっとコレを見かけて「あ・・これ欲しい」と思ってしまった
角型で上にもなにか載せられそうで大きい、この大きさなら長ネギの白い所を折らずに入れられそう
理由は色々あるものの単純に「箱欲しい病」を発症しやすいのだろうとは思う・・・


「E43NTL-ADV」は「E43NTL」のオプション全部付け版になります
(インナーマット、蓋のネットとアンカー、バックレストなど)
あとでどうせオプションが欲しくなるだろうってことでセット価格で個別にオプション買うより安いこっちを選んでみました


・インナーマット
密度の高いウレタンっぽい素材で箱の底の形にピッタリになる形
厚みは2cmほどあるので使うとちょっと容量が減るかもだけど荷物の衝撃吸収はしてくれそう
なにか薬品っぽい匂いがきついけどリセッシュとかの消臭剤を吹いておいたらわりと収まりました




・蓋のネットとアンカー
この箱用のネットでアンカー部分とセット
蓋が基部なのでそのままでは重量物の積載や強固な固定は難しそう
ネットも程々の大きさなので軽い物の保持用だろうか
滑り止めマットを敷いたりグリップハンドル部分を利用するなど工夫すれば他のネットやベルトなどを利用して
多少重いものはいけそう
アンカー部分の向きはネジを緩めて回して変えられる



アンカー部分のパーツはこんな感じ



・バックレスト
箱の装着位置的に微妙な距離にある、2人乗りできるような隙間も無く走行中は背中を付けられる近さでも無いので
ほぼ意味をなしていない
ウエストバッグやザックと干渉しそうなのであとで外そうかなと思案中



重さは4.26kg



サイズ的なもの
底面はインナーマットありで35~45cmくらい、奥行きと高さは30cmくらい



2リットルのペットボトルをいれてみるとこんな感じ
入れ方によるけど10本は積めそうだけどそんなにいれると重くて危ないかも・・



ホーネットADV XXLサイズ(63cm)はどんな角度でもとはいかずちょっと収まり具合をみつつ入れられる感じ



仕事用の厚めのブリーフケースもそのまま入ります



E300と比較



あとこれはベースがワイド版です
左が通常の汎用ベース、右がワイドベース



ちょこっとワイドで角型



このワイドベースは他に使えないかといえばそうでもなくE300でもしっかり付ました



E43NTL-ADVのほうに付けた感じ



ベースとキャリアの固定部品はいつもの感じ



ベースをセロー250のキャリアに取り付け、今回はこんな感じで



箱を取り付けた見た目はこんな感じに
セロー250 GIVI E43NTL-ADV


派手にこけたら地面に接触しそうではあるけど・・まぁその時はしょうがない


あとでアンカーの裏側に内側ネットを張れるようにちょいと追加加工して荷物押さえ兼仕切り用に



それなりに大きい箱ですが通勤用としては標準サイズな箱ではと思います。
しばらくは「箱欲しい病」も落ちつきそう







GIVI E43NTL




関連記事
スポンサーサイト
カイトス
Posted by カイトス
・当サイトはリンクフリーです
・当サイトの文章や写真の無断転載は禁止です

●にほんぶろぐ村:にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
●更新通知:Twitterプロフィール頁へ




Comments 0

There are no comments yet.

コメントする