セロー250にZETAのピボットパーチCPを装着

2017年08月16日
0
0
ハンドル周り
ZETAのピボットパーチCP(4フィンガー)です
ピボットパーチCP


クラッチレバーを軽くしたいけどでも油圧式に変えるのはちょっと・・・
ということで手を出してみました
クラッチスプリングを変えて強くしちゃってますが今よりは軽くということで


写真色々



ピボットレバーと違うところがこの軸受部分、砲金というやつなんだろうか?詳しい説明は無いが滑りそうな雰囲気はある


ピボットレバーと比較


ナイロンスリーブ、以前ブレーキ側につけたのは半分だけのやつだけど今回はグルッと1周
ヌルーっと回って走りながらでも指で押したりして調整できる感じ、あと保護してくれそう感が高い、


レバー側の調整ネジはピボットレバーにあるけどさらにレバーの戻り位置を調整できるボルトが基部側にあります



ミラー用のネジ穴が無いので別にミラーホルダーを買わないといけません
薄くて収まりが良さそうなDRCのホルダー



比較色々



重量はピボットパーチのほうが重くなります


タイコの穴とレバー軸部分をちょっと測ってみましたが確かに軸とタイコの距離は短いっぽい
 ・ピボットパーチCP 軽さ重視 約16.8mm


 ・ピボットパーチCP キレ重視 約18.8mm


 ・ノーマルレバーとピボットレバー ほぼ同じ 約21.4mm





装着は特に難しい部分はありませんがクラッチスイッチが取り付けできない問題があります
自分のセローは昔スイッチの爪を折ってしまって以来テープでグルグル巻きにして誤って動かないようにしてから
工具トレーと所に押し込めてますのでスイッチの処理作業がありません。
安全機能の一つが無くなりますのでこのあたりは自己責任で



レバーとグリップのぶつかり具合はこんな感じ


ケーブルの通し方はおおよそ同じ、アジャスターで遊び調整が楽です


クラッチの調整ですが
軽さ重視で指を挟んでも完全にクラッチが切れるようにするとレバーをちょっと前のほうにしてあげないと足りない感じ
手が小さ目の自分にとってはちょっとキツイけど遊びをなるべく小さくして対応



あとはミラーホルダーを装着
ちょっと高い位置になるので黒いのを外して高さ調整
レバーが回転する場合の干渉を考えると少し隙間を開ける感じの配置になりそうです。



フォグライトスイッチのステーも合わなくなったのでステーで作り直し



こんな感じに



アーマーハンドガード付けるとあまり見えないのですが・・・




お盆休みに車を長時間運転したら腰痛になっちゃって実際にはまだ乗れてませんが・・・ひとまず所感

・カッコイイ!(自己満足)

・軽さ重視:確かに軽い、引き量は増えちゃってるけど半クラッチの加減幅は増えたとも言える
       レバーの引き具合も滑らかで良い感じ

・キレ重視:わかりやすく重いけど動きは滑らか、軸とタイコの距離からするとノーマル時より軽いはずなんだけど
       ノーマルより重く感じる、重いというより戻ろうとする反発力が強い?「ビョンビョン」してる

・交換してみて意識できたけど以前のクラッチレバーの感触はなにか2段回で引きずってるっぽい
 「グリ・グリン」といった感じ、再度戻してみたけどピボットパーチではそれを感じない
 軸の部分かタイコ部分に原因がありそうではあるけど見た目では判別できない

・アジャスターでの遊び調整が使ってみるとなかなか便利、考えた人エライ

・ナイロンスリーブでわりと簡単に角度調整できるのはありがたい
 でもこれはいくら締めあげても完全固定はできない感じなのでそのあたりは考慮が必要


ノーマルより上質な感触でレバー位置など調整幅が広がる良いパーツですがやっぱりちょっと高いのが問題でしょうか
自分の場合は「ノーマル」→「ピボットレバー交換」→「ピボットパーチに交換」と遠回りしてしまいましたが
気になるようなら一気にピボットパーチに行ったほうがお得なように思います。









ZETAピボットパーチCP




関連記事
スポンサーサイト
カイトス
Posted by カイトス
・当サイトはリンクフリーです
・当サイトの文章や写真の無断転載は禁止です

●にほんぶろぐ村:にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
●更新通知:Twitterプロフィール頁へ




Comments 0

There are no comments yet.

コメントする