セロー250のメンテナンスメモ 20170618

2017年06月18日
3
0
メンテ(日常)
セローのメンテナンスメモ


エアフィルターの洗浄(DNAの湿式フィルター)


あんまり汚れて無さそう


クリーナーをまんべんなく染み込ませてしばらく待つ


いちおう汚れてはいた様子


その後に台所の温水で軽く振りつつすすいで自然乾燥


乾燥が終わったら専用オイルをまんべんなく
余分なオイルは吹き飛ぶので多すぎても特に良い


装着前にエアボックスの手が届くところを拭き掃除


結構汚れが溜まってる



オイルを染み込ませて最低1時間放置したらセット




エンジンオイル交換

「ちょっと穏やかな感じ」を狙い今回のオイルはワコーズのタフツーリング20W-40


銘柄を変える時はオイルフィルターも交換、Oリング類は毎回新品


ドレンボルトを緩める時はラチェットの方向を確認してから作業すると間違いが少ない


オイル自体はそこまでは汚れてなさそう


ドレンボルトの磁石にも大きな破片は見当たらず



以前交換したクランクケースカバーのところに滲みがある、垂れるほどではない様子


シールをオイルに漬け込んだ分がジワジワ出てきたのか?それともほんの少しずつ中から出てきてるのか・・・

ひとまずクランクケースカバーを増し締め(手ルクレンチでなるべく均等に最大16分の1回転くらいを目処に)


Oリング類はシリコングリスを薄く艶出し程度に塗ってセットしフィルター交換


ドレンボルトのワッシャーも新品の銅ワッシャーに交換

オイルを1.3リットルくらい投入



オイル投入口のところのOリングも交換





フォークオイル交換

以前よりちょっと動きが渋くなったような?ってことでフォークオイルも交換


ディスクガード外し


ついでにディスクの厚みチェック=3.21mm
セロー250のディスクの使用限界が3.00mmなのでまだ大丈夫っぽい


ブレーキキャリパー外して車体にくくりつけ


パッド厚はまだ大丈夫そう



ジャッキアップ前にアクスルと



フォークキャップを緩めておいて




ジャッキアップしてタイヤとフォークを取り外し





フォーックキャップを開けてワッシャーやスプリングなどを抜き取ってオイル捨て


汚れ具合はイチゴシロップからブドウジュース?くらいかな

しばしサカサマにして放置


中に入れてるスラストベアリングやPDバルブのチェック、特に異常や緩みは無さそう


タイヤのベアリングも特に以上無し


古いグリスをふき取るだけにしてワコーズのハイマルチグリースを塗りたくり


フォークオイルは前回と同じG-10


オイルレベルゲージで油面は前回と同じく145mmでセット



組み上げて~


仕上げの錆止めでワコーズのチェーンオイルで拭き上げて完了


設定
サス調整現在値(20170618) 前回と同じ
---------------------------------------------------
フロント
オイル:YAMAHA G-10 (ノーマルはG-15)
スプリング:DRCフロントフォークスプリング(純正より固め)
油面:145mm (規定値:125mm) (スプリングの体積増加とカラーに厚みがある事、PDバルブの増加分考慮)
    ※PDバルブ投入前に測定
突き出し量:0mm
カラー長:108mm(塩ビVP管)(純正カラー:129mm)
その他:PDバルブ(ダンパー値:ネジ2回転分締め、初期ダンピング通路:2個)
    スラストベアリング+ワッシャー2枚(合計4mm)
    イニシャル調整用ワッシャー2枚(合計2mm)
    純正スプリングシートは抜き取り済み
---------------------------------------------------





サボりつつやったので半日かかってしまった・・・
近いうちにリアのグリスアップとテクニクスのサスの交換もせねば・・・





関連記事
スポンサーサイト
カイトス
Posted by カイトス
・当サイトはリンクフリーです
・当サイトの文章や写真の無断転載は禁止です

●にほんぶろぐ村:にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
●更新通知:Twitterプロフィール頁へ




Comments 3

There are no comments yet.

ニャミ  

カイトス 様

ご回答ありがとうございます。

ご回答いただいた内容から、ヤマハパーツリストを改めて確認しますと、
2010年を境に、Oリングの数が2個から1個になっておりました。

また、サービスマニュアルも2010年以降のモデル形式で発注しても2008年のものが届くようでした。
ですので、カイトス様の通り、反映されていないだけの可能性がありますね。

てっきり、Oリングを減らしたのはコストカット?と思ってましたが、
ボルト穴をなめやすい状況があったということで、確かに改善の可能性がありますね。

2018/10/04 (Thu) 11:09
カイトス

カイトス  

Re:

こんばんは ニャミさん

まず自分のセローのOリングが1つの理由ですが
自分のセローは2008年式なので最初はOリング2つ必要でした
しかし以前フィルターカバーの雌ネジをナメテしまってクランクケースカバーを2012年式のものと交換しています
http://cetus4.blog47.fc2.com/blog-entry-595.html

フィルターが収まる部分のオイル抜き用の穴がボルトのネジ穴と繋がっていたのでネジ部分にもOリングがあったと思われます
しかしこの作りのせいでオイルフィルターカバーの下側のネジはナメ安いと話があり、そして自分もなめました・・・

なので交換の際には対策された2012年式のクランクケースカバーに交換しました
そんなわけで今の自分のセローのオイルフィルター部分のOリングは1つだけです。


サービスマニュアルの件ですが、自分の持ってるサービスマニュアルはバイクを買った当時に買ったものなので
2008年発行と思われます、背表紙部分に「ヤマハ XT250 サービスマニュアル 3C56/3C5C」とあります
これに書いてあるのはOリング2つです

2012年式発売以降このOリングの記述がサービスマニュアル上で改訂されたかどうかはわかりません
ニャモさんのもってるサービスマニュアルがわりと新しいものでまだその記述がそのままであるのであれば
パーツリストを見て辻褄合わせをして多少の違いは目をつぶるものなのかもしれません

もしくはヤマハが怠慢なだけかも(´・ω・`)

2018/10/03 (Wed) 00:10

ニャミ  

カイトス 様

初めまして。
セロー250 FIモデルを所有するニャミと申します。

いつも参考にさせていただいております。

カイトス様は写真、記事、作業内容からサービスマニュアルをお持ちであると思いまして、1点確認させていただきたいのですが、
当方が持っているサービスマニュアルのオイル交換オイルフィルタ交換の項目で、
Oリング(93210-07135)が1つ多く記載されております。
サービスマニュアルのエンジンの項目、3-13ページに記載されている内容ですと、
Oリングがパーツリストでの06オイルポンプの項目11番のボルト(91314-06020)にもOリングがあるように記載されています。

本記事では、小さいOリング(93210-07135)は1つで、パーツリストでの06オイルポンプの項目14番のボルト(91314-06020)に使用されているように思えます。

作業中にも丁寧に撮影され、とても分かりやすくまとめられているので、当のOリングは1つで、結論としてサービスマニュアルの間違いであると思うのですが、カイトス様はどのようにお考えでしょうか?

初見ながら、長々とコメントさせていただき、またお忙しいところ大変申し訳ありませんが、ご意見いただけたら幸いです。

よろしくお願いいたします。

2018/10/02 (Tue) 20:24

コメントする