理想のメガネ対応オフロードゴーグル

2016年06月25日
0
0
ヘッドウェア
「バイザー付ヘルメット&ゴーグル」な姿はオフ車で林道を走ったりするには正装のようなイメージ
最初のヘルメットはツアークロス2でどうにかゴーグルを付けられましたらホーネットADVに変えてからは
ゴーグルがさらに窮屈になり諦めてました。



これというのも自分がメガネ装着者なのでメガネ対応ゴーグルを付けてる+頭が大きくメガネも横に大きい為
メガネ対応のゴーグルはオフロードゴーグルを作ってる各社から出ていますが基本的に普通のものよりも
少し大きいように思われます。

そもそもオフロードゴーグルは

 ・曇りにくいように内部の空気容量を確保する為内部空間を大きく作ってある
 ・ズレ帽子も兼ねてヘルメットの淵にムギュッと収まる大きさを狙って作ってる?
 ・ガードの意味合いからフレームも丈夫でオウトツが大きい(デザイン的なものもある)
 ・スポンジが厚くある程度硬い
 ・バンドは激しい動きでもずれないように幅広で強いものを使っている
 ・レンズは0.8mm~1.0mmほどで厚い

のような特徴があります

頭が大きいメガネッ子な自分が「バイザー付ヘルメット&ゴーグル」なると

 ・バンドの長さがギリギリでゴーグルが押しつけられすぎで苦しい
 ・メガネのツルとゴーグルのスポンジの切り込みとのポジション調整がメンドクサイ
 ・メガネ対応ゴーグルでも頭が大きくメガネも横に大きい自分にはスポンジで押しつけられて窮屈で不快
 ・慎重にゴーグルを外さないとメガネがゴーグルにくっついて一緒に外れる

といった感じでマイナスな面が大きい
信号待ちの合間にちょっと目のゴミを拭きたくても手間がかかりすぎてできない事もしばしば・・・
それと基本的に視界が狭くなるので景色を楽しむ上でも普通のツーリングには不向きです
後方確認も首を回すだけじゃ足りなくなるし・・・


そんな感じで色々マイナス要因があってもやっぱり「バイザー付ヘルメット&ゴーグル」な姿はに諦めがつかず
それとヘルメットのシールドをスモークレンズを変えた事もあり暗い場所用でゴーグルが欲しいなと
理想のオフロードゴーグルは無いだろうかと探しましたがオフロードゴーグルはそれらしいものは発見できず。


もう「オフロードゴーグル」でなくてもいいんじゃ・・・
きっと他の人もそう思って使ってるに違いない・・・
ネット上では見つけきれなかったけど・・・

ということで「安全ゴーグル」で代用する事に


①:まずは家にあったゴーグル


淵の部分が引っかかるのでカットしてます
メガネも楽々で結構いけるんじゃ?と手ごたえを掴む


②:①の結果からちょっと通気性がある同型タイプを淵カットをスポンジを付けバンドを変えたもの


使えるけど・・・視界がオフロードゴーグルと変わらない・・・と後で気づく


③:視界が良いものをということで買ったゴーグル


淵が回り込みすぎてヘルメットと干渉、ゴーグルが浮いてしまって使えない
カットしようにも余裕が無い


④:これは!と見つけた山本光学のYG-5200シリーズ(一番安いセルロースレンズ)


なかなか良い、スポンジ無しだとメガネの端っこがレンズに接触するギリギリだがスポンジを付ければ問題無い
通気性、視界の広さ、ヘルメットへの干渉、どれも良い


⑤:④の結果をもとに実戦配備はちょっと良いものを!ということで買った
  山本光学のハイスペックゴーグル YG-5150R(YG-5100シリーズの最上位)


ダブルレンズが良い物であろうと単純に思って買ったが薄暗いところで光が2重に映ったりするのがちょっと気になる
 あと内側の曇り止めコーティング面がちょっと拭き痕が残りやすいのが非常に気になる・・・




実際に④と⑤を装着しバイクで走ってみまして
最終的に採用したのは山本光学の「YG-5200 PET-AF」です
YG-5200 PET-AFYG-5200 PET-AF


実際に使うにあたって買い直しました(レンズだけ買うより丸ごと買い直したほうが安かった)
④番のゴーグルよりもレンズが上位のものになっていてJIS規格適合のポリカーボネートのレンズ
さらに両面ペトロイド硬化加工されたものです。両面硬化処理されているので少し拭いたくらいでは傷が入りにくい
(上位ゴーグルに「YG-5200 PET-AFα」があるがこれは片面硬化処理レンズなので間違い注意)

フレームベンチレーションという通気口があるけどバイクで走る分には風が吹き込んでくるような
感じのものではなかったので程よい感じ



自分の大きいメガネ(サイズ:58□15-146)でも余裕


これにエプトシーラというモチモチとした低反発スポンジを張りつけ、はみ出したスポンジをカットして成形し
_0036393.jpg

PPクラフトシートで作ったノーズガードを強力両面テープで張りつけ(役割は主に鼻の日避け)


ゴムバンドの長さが足りないのでホームセンターの裁縫コーナーで買った15mm幅80cmのゴムバンドに交換



完成




ゴーグルの形状は広い視界を確保し大きいメガネでも楽々の良好な装着感
普通のオフロードゴーグルよりも小さいので多少の位置調整OK
伸縮率の高い普通のゴムバンドは圧迫感の無い着け心地を実現
レンズは0.6mm厚で薄めだがポリカーボネート製でJIS規格クリアのもの
ベンチレーションはたぶん効いてるけど足りないならあとで穴あけるとか調整すればいいかな
実際の高速走行でも特に問題無く使えました。

と、良い所を並べるとこんな感じですが

本体強度、レンズ強度、バンドの固定力はさすがにオフロード用に勝てない
レンズの種類をほぼ選べない
など至らない点もあります

あと見た目は・・・まぁ・・・機能重視ということで・・・バレナイ・・・たぶん・・・
いちおう 山本光学=スワンズ なので、聞かれたら「スワンズのゴーグルです」と答えます(´・ω・`)

今回は試行中にちょっと上位のオフロードゴーグルが買えるほどの散財したのでコスパは悪かったですが
現状ではこれが自分にとっての理想のオフロードゴーグルになりました

いちおうメーカーの想定外の使い方ではあるので万が一同じ事をされる場合は自己責任でよろしくです。
でも同じような事してる先輩諸氏はきっとどこかにいると思うのだけどなぁ・・・



※ちなみに試行で揃えた安全ゴーグルは主にsk11(藤原産業)の名前でホームセンターに並んでいたものですが
 中身は山本光学のゴーグルのようです。








山本光学 レギュラーゴーグル YG-5200 PET-AF




関連記事
スポンサーサイト
カイトス
Posted by カイトス
・当サイトはリンクフリーです
・当サイトの文章や写真の無断転載は禁止です

●にほんぶろぐ村:にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
●更新通知:Twitterプロフィール頁へ




Comments 0

There are no comments yet.

コメントする