アドベンチャースクリーンっぽいモノを自作してみる その1

2013年02月12日
2
0
スクリーン関係
今の自分のセローにはデジタルタコメーターがくっついてますが、


どうにも取り付け位置が不満、あと将来的にはナビを付けたいな~と思ってるのでツーリングセローの
単品アドベンチャースクリーンを狙ってたのですが・・・「作ってみたくなった」ので自作してみることに

ハンドガード固定用の「なんちゃってハイブリッドマウント」とか付いてるもので
アドベンチャースクリーンを買ってもすんなりと装着できるか怪しいというのもあります



脳内妄想設計図(イメージはラリーにでてたセローのマップマウント)を元にホームセンターに駆け込み材料を入手


メイン素材は20cmくらいのステーと16mmパイプに付けられる湾曲ステーと22mmのアルミパイプ
(パイプ部分は古いハンドルが使えないかとも思いましたが直線部分に長さが足りず断念)

とりあえず仮組みで様子見
セローのグラブバーとヘッドライトカウルを止めてる横の六角ボルトで固定



ウインカーの金具に干渉しそうだったのでうまく避けてるステーを買い足し、うまい組み合わせを模索



両サイドの幅が決まったところで長さを測りアルミパイプをカット(22cmくらい)



パイプは長いボルトでと高ナットで両サイドから締めこみます



パイプの中のイメージはこんな感じ



まぁこんなものだろう・・・と本組み付け開始



戸当てゴムがパイプ収まりきれないので周囲を削ってさらに穴を大きく広げて



こんな風に組み立ててボルトがゴムでボルトを中心に固定しパイプをシッカリ固定できるようにします



片方の長ボルトにはネジロック剤とダブルナットで強固に高ナットを固定



あとはパイプにグリグリ押し込み装着



ヘッドライトカウル横のボルトはステーを挟む為に長めの鉄六角ボルトに交換です


各部を本締めで固定するとこんな感じに




固定各所はゆるみ止めにスプリングワッシャーとナイロンナットを使用しました。

支えるステーの4本はステンレス製のモノを使ったおかげか思いのほか強固な感じ




早速タコメータを移設です



取り付けはホームセンターのステーコーナーにあったパイプ取り付け用のヤツでサイズ調整でゴム板を巻いて装着




タコメータの位置が上がり少し離れたので視線移動もちょっと楽になりそう(*´Д`*)
ちなみに重量は約700gでちょっと重いかな(ボルトナット込み、タコメーターは除く))

とりあえずマルチパーパスバーさえ付けばほぼ自分の要件を満たすのですが
アドベンチャースクリーンといえばやっぱりスクリーンをつけねば・・・と欲がでまして
取り付け方法と材料とデザインを妄想中です。

まだ試乗してませんので結果的に不採用になる可能性もありますが・・・
続きはまた今度



あとここまでにかかった経費ですが約7000円です(-_-;)
値段の高いステンレスステーを使用した事や無駄なステーやらボルトやら余計に買っちゃって費用がかさんでます
(でも的確な材料を無駄なく買えたとしたら4000円くらいで収まるんじゃないかな?)

う~ん・・・
素直に貯金して本物のアドベンチャースクリーンを買ったほうが良かったんじゃと思ったり思わなかったり・・・


関連記事
スポンサーサイト



カイトス
Posted by カイトス
・当サイトはリンクフリーです
・当サイトの文章や写真の無断転載は禁止です

●にほんぶろぐ村:にほんブログ村 バイクブログ オフロードへ
●更新通知:Twitterプロフィール頁へ




Comments 2

There are no comments yet.

カイトス  

Re:

こんばんは、nmtr220さん

安く済まそうとして結局同じくらいお金がかかってる・・・
なんだか毎度同じような勉強を繰り返し照るような気がします(ーー;)

そのままスクリーンに流用できそうなものを常日頃探してはみてますが
なかなかピッタリなものが無いのですよねぇ
試作してみてますがなかなか思うようにいきません
勉強はまだ続くようです

2013/02/13 (Wed) 23:41

nmtr220  

カイトスさん、おはよう!
今回も手の込んだ加工のようで、もはや職人の域に達したようですよ。
いろいろアイテムを装着するのならスクリーンはあった方が良いようですね。
ヤフオクで純正OPの中古でもあれば私も・・・

料費:7,000円?(工賃別)
アドベンチャースクリーンとはどんなかな~と調べると・・・
希望小売価格18,900円・・・ちょっと使いすぎましたかね。
これも勉強代ですね。
それでは。

2013/02/13 (Wed) 07:44

コメントする